カメラ使い倒し

カメラを面白く撮影するためにいろんな角度でレビューします。コンデジは基本フルオートで撮影します、コンデジは設定せずに撮影することが多いですから。ミラーレス、一眼レフはAF速度、AF精度、画質、高感度など綺麗に撮れるかを重視にレビューします。

iphone8なんてもうコンデジより画質がいいのでは?と思うくらい
コンデジを駆逐する勢いなのですが
とはいえ、コンデジの存在意義と言えばもう光学ズームしかないと思います。

スマホは一部を除いてデジタルズームしかないのでどうしても望遠側が激弱。
やはり遠くを撮影するならばコンデジクラス以上の光学ズームが必要です。
高級コンデジだと100mm程度しかないので旅カメラと呼ばれる
光学ズーム10倍以上のコンデジがちょうどいいです。
20倍や30倍となると画質が破たんしているものが多く
画質が高倍率ズームコンデジは大きくて重く日常的には使えません。

10倍程度の倍率のコンデジを探していたら…ありました、カシオ計算機にありました。

_SS160_

EXILIM EX-ZS240

という激安で簡単に綺麗に撮影できるコンデジです。
なぜ安いかというとブランドがカシオだからですw
これがソニーやキヤノンだと間違いなく価格は倍以上になっています。


IMG_20170918_065900

広角が24mmからと嬉しい広さ。
また程よい12倍ズーム。
そして明るさF値が3.1というコンデジなら十分明るいクラス。
これがもしF3.5になるだけで使い勝手が悪くなります。
おまけでセンサーがCCDなので色味がはっきりと出ます(意外とこれが重要)

試しにオートで撮影すると

CIMG0001

田んぼのハイキーな部分と草木のアンダーな部分、川の照り返しなど
スマホでは難しいシーンも簡単。ぱっと出してぱっと撮れました。

そしてズームですが

CIMG0002

ここから川の中のすっぽんを狙うと


CIMG0003

おおおおお、十分解像しています。これは実用的なコンデジです。
さらに4倍のデジタルズームしても

CIMG0005

これはさすがにぼけてますが10000円程度のコンデジでここまで写ればいうことはないでしょう。

AFの精度も望遠側でも十分で

CIMG0015

CIMG0019

中央一点ならカモメに合うのには本当にびっくりしましたよ。
ほんとかこれ?マジで10000円なのか?


またこのEXILIM EX-ZS240、操作性と機能が激安コンデジ以上です。

IMG_20170918_065804

フルオートで撮影するときが多いといえ、一番使うのが露出の調整。
それを左右キーに割り当てられるので非常に便利。ほんとに便利。
ちょっと画像が暗いな、明るいなを瞬時に調整できます。


IMG_20170918_065717

またeye-fi、flashairにもハード的に対応してます。
これが何を意味しているかというとスマホの転送アプリにスムーズに連動します。
適当な転送アプリをいくつか試したところ全てうまく転送できました。
これもまた非常にうれしい仕様ですね。

恐らくこのコンデジに隙はありません。
「ぬあっ!?USB充電できないのかよ!」とか
「ぐわっ!?3倍ズームってここまでなのかよ!」とか
などと買ってから後悔することはないと思います。
カシオのEXILIMシリーズは個人的に敬遠してたのですが
これはこれからも目が離せないコンデジだと感じました。


_SS160_

他メーカー殺しのコンデジがこれ

コメント

コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット

このページのトップヘ